2017年03月28日

バストアップとバストのケア

バストアップするための方法は、サプリ、手術、マッサージなどさまざまありますが、いったいどの方法が効果があるのか、どの商品が効果があるのか分からず、悩んでいる人も少なくないと思います。

そこで、役に立つのが口コミです。

口コミは、実際に効果があった方法や、効果があった商品、失敗談などが消費者から赤裸々に投稿してあるので、口コミを参考にするのが一番お勧めです。

私もバストアップの口コミを見ていたら、こんな商品を発見しました。

それは、セレブリティバストアップという、バストアップするためのマニュアルが販売されているようです。
マニュアルの構成は大きく3つに分かれていて

・「ブレインパワーを使いこなす」
・「バストアップ実践編」
・「バストアップ加速編」
となっています。

他のマニュアルにありがちな「とにかくマッサージの実践あるのみ」といった内容ではなく、その前段となる「ブレインパワー」の重要性について70ページ以上も説明されています。

このブレインパワーをよく知らないと、いくらバストアップ法を実践しても効果がないことがよく分かる内容になっています。
また、「実践編」と「加速編」については、冊子に加えてDVDでしっかり動きまで説明されています。

さらに、このセレブリティバストアップで驚きなのが、返金保障制度です。

「20日後バストアップしなかったら全額返金」や「既に知っている内容であれば全額返金」という制度のようです。

これだけの返金制度があれば、よっぽど効果に自信があるのか、どんなすごい事が書いてあるのかと、消費者の興味を湧かせ、今口コミ内で注目を集めているようです。

ところで、バストアップサプリがありますが、効果のほどはどうなのでしょうか。
飲むだけでバストアップ出来るとすれば良いですよね。

でも、本当でしょうかね。試してみたい気もします。

年を重ねるとバストにも変化が出て来て嫌ですね。バストのケアをしないとです。
posted by バストアップ at 16:02| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

女子のバストサイズ実態調査! 3位「Dカップ 19.6%」、2位「Bカップ 22%」、1位は?

大人の女性に備わっているバストのふくらみ。大きさによってブラジャーのカップ数が変わるので、下着や洋服選びのときに不満を感じることもあるのでは? まずは女性読者のみなさんに、現在何カップか聞いてみました。

第1位 Cカップ 27.4%
第2位 Bカップ 22.0%
第3位 Dカップ 19.6%
第4位 Aカップ 16.7%
第5位 Eカップ 8.9%
第6位 Fカップ 4.8%
第7位 Gカップ 0.6%

1位は「Cカップ」。トップとアンダーの差は約15cmです(ちなみにAカップは約10cm)。続いてそれぞれのサイズ別に、今のカップ数で満足しているかどうか聞いてみました。

■第1位 これで十分?「Cカップ」

・「もう少し大きければよかった」(28歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「大きいと男からいやらしい目で見られるので今のままでいい」(33歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「今のままで十分です、これ以上大きいと入らない服もあるから」(24歳/建設・土木/クリエイティブ職)

・「左右がちがう……変動が大きいので、もう一まわり大きいといいな~」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

最多のCカップですが、Dカップと言わないまでも安定感を求めてもう少し余裕がほしいという人も。変動するんですね。

■第2位 やや不満!?「Bカップ」

・「もう1カップぐらい大きかったらなぁ……と思うことはよくある」(30歳/機械・精密機器/営業職)

・「満足している。大きすぎると疲れるし、垂れるからいや」(27歳/自動車関連/販売職・サービス系)

・「小さいのでいやです。スタイルが単調に見えるし似合わない服があるので」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「洋服の型崩れもないので満足」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

Aカップの人には申し訳ないですが、Bカップでも小さいと感じる女性はいます。一方でほどよいサイズという声もあるようです!

■第3位 大きくても悩みが!?「Dカップ」

・「太って見られやすいので、いやです。運動にも邪魔です」(28歳/自動車関連/事務系専門職)

・「とても満足している。よくまわりからちょうどいいサイズと言われるから」(28歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「もう少し大きいサイズにあこがれるのであまり満足していない」(30歳/通信/事務系専門職)

・「サイズには満足していますが、形が不満です。両乳が離れている」(25歳/その他/営業職)

Dカップになるとかなりバストが目立つのではないでしょうか。Dカップでも足りないと思う人は足りないようです。

カップ数別の満足感を調査しました。いかがですか? ただ大きければいいというわけではないけれど、小さすぎてもいやなもの。あなたは今のバストサイズに満足していますか?
posted by バストアップ at 10:51| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

あなたのダイエットが続かない理由」5つ

■1:食事を抜いている

体重を落とそうと思って、食事を抜いてしまう。気持ちは分かるのですが、これは逆効果です。食事を抜くことで血糖値が下がると、集中力が落ち、イライラがつのり、疲れやすくなり、逆に食欲がわいてしまいます。

カロリーを考えて、食事はしっかり摂りましょう。



■2:野菜を十分摂っていない

葉物類にはビタミンAやC、カルシウム、食物繊維などが豊富に含まれています。冬のこの時期は、白菜、水菜、ほうれん草などが美味しい季節です。積極的に摂るようにしましょう。

野菜不足でこれらが不足すると、結果的にダイエットは長続きしません。栄養的な観点からも、野菜不足はNGです。



■3:赤身の肉を食べていない

ダイエット中は鉄分が不足しがちです。その鉄分を補うのに最適なのが、お肉。レバーなどが有名ですが、赤身のお肉もおすすめです。鉄分がなくなると、貧血や不妊の原因にもなると言われています。そうなってしまうと、ダイエットどころではないですよね。

お肉を食べると太る、というのはよくある誤解です。摂取量やバランスなどを考えれば、多少のお肉はダイエット中でも問題ありません。鉄分不足を補うためにも、お肉を食べましょう。



■4:水分摂取を控えている

水分を多く取ると、体重が増える、体がむくんで膨張する、といったイメージがあるかもしれませんが、水分が不足すると、体の器官が機能しなくなってしまうという弊害が! その結果、疲れやすくなってしまいます。

毎日、十分な量の水分を摂取するようにしてください。肌や体が潤うためにも水分は必要です。



■5:コーヒーを飲みすぎる

体重を増やしたり、または減らしたり、ということに直接は関係ないように思えるコーヒー。確かに、体重の増減にはあまり関係ないのですが、カフェインの摂りすぎは、体を疲れやすくします。結果、倦怠感がつのり、ダイエットにもやる気が出ない、なんてことになりかねません。

コーヒーはほどほどにしましょう。



以上、“あなたのダイエットが続かない理由5つ”でしたが、いかがだったでしょうか? 思い当たるところがあるのではないでしょうか。

ダイエットを続けたいのなら、体重の増減だけでなく、こうしたことも考慮しながらやる必要があるようです。こうしたことを気にすることは結果的には体重を落とすことにもつながります。

ダイエット中の人は、さっそく試してみましょう。
posted by バストアップ at 11:26| 日記 | 更新情報をチェックする